HOME » リフォームを失敗しない為に

リフォームを失敗しない為に

リフォーム工事は100件あったら100種類の工事があります。内容は同じでも、同じ現場ということはありえません。そのため、お客様のお宅のリフォームの適正価格を知るためにも、相見積を3社以上取ることをオススメします。
リフォームをご検討中の方にしていただきたいのが、見積を3社以上から取るということです。複数社から見積を取ることで、リフォーム工事の適正価格を知ることが出来、どこの業者を選べばよいのかを知ることが出来ます。

もし、お客様が1社しか見積を取っておらず、その業者が一時期、一世風靡した悪質リフォーム会社だった場合、取り返しのつかないことになります。法外に高いリフォーム料金を請求させられたり、提出した見積から追加工事が次々と発生したり、本来の料金とかけ離れた価格でリフォームをしてしまうということがあります。

リフォームで失敗しないために、3社以上からお見積を取ることで、納得できるリフォームをしてください。

相見積を取るときに気をつけるポイント

①見積の表示が一式ばかりの業者

見積項目が極端に少なく、一式ばかりの業者はほとんど価格あわせをしているだけです。きちんとした施工体制を持っている業者であれば、お客様にわかりやすい詳細な見積を提示しているはずです。このような一式の見積を「安いから」といって依頼してしまうと、後から次々と追加工事が発生してしまうこともあり、危険です。詳細な見積を提示している業者を選ぶようにしましょう。

②見積書から大幅値引きする業者

一度提出した見積書から、他社との比較によって大幅に値引きする業者には注意が必要です。正当なリフォームをするのであれば、このような値引きはできないはずです。リフォーム工事において、商品代を大幅に値引きするということはできませんから、工事費を値引きしていることになります。工事費とはつまり職人さんに支払われる料金のこと。不当に安い料金で依頼された職人さんは元を取るために手を抜くしかありません。ですので、見積書から大幅に値引きをする業者には気をつけましょう。

③工事保証書がない業者

自社の工事の品質に自信があれば、工事にも保証をするはずです。工事保証をせず、メーカーの機器保証で代替している業者は、自社の工事に自信がない証拠です。工事を依頼する際には、必ず「保証書」の現物があるかどうかを確認してからにしましょう。

④施工事例を見せてくれない業者

リフォームでは工事の内容が1軒1軒異なります。工事内容によって仕上がりのレベルが格段に変わってきます。お客様がリフォームする際は、今まで携わってきた施工事例を見せてもらいましょう。実際どのような工事をしているか把握でき、また自分のリフォームのイメージが湧きます。もし施工事例を持っていない業者でしたら、リフォーム工事の経験がほとんどないか、お客様に完成後のイメージを持たせることに注力していない業者です。いくら安くても、事例がない業者に頼むのは辞めたほうがよいでしょう。

お電話でのお問い合わせ WEBサイトからのお問い合わせ 資料請求
0120-119-811